男性

初めて投資を試みるなら収益物件から始めよう

連帯保証人の代行

相談

借主側のメリットとは

賃貸物件を借りるときに必要となる連帯保証人とは、どういった意味を持つでしょうか。連帯保証人とは借主に何か問題が起きたとき、代わりに責任を負う人のことです。ほとんどが家賃の滞納についてで、連帯保証人は借主に家賃未納があるときには支払う義務があるのです。このように重い責任を負うため、一般的に親やきょうだい、親族などに頼みます。しかし核家族が増えていく中で家族や親族に頼みにくい場合や、どうしても親に頼み辛い事情がある、高齢者のため身寄りがないなど、連帯保証人を頼む人が見つからないことがあるのも事実です。日本人に住む外国人が連帯保証人を探すのも難しいのが現実です。こういった背景をもとに、家賃債務保証というサービスを行う保証会社が誕生しました。家賃債務保証とは保証会社が連帯保証人となり、借主の家賃が払えない時には一定期間立て替え払う仕組みとなっています。あくまでも立て替えですので、借主は保証会社に返済する必要はありますが、連帯保証人が見つからない、一時的に家賃が払えないときなど家賃債務保証は借主にとってもメリットがあると言えます。借主が家賃債務保証のサービスを受ける場合、クレジットカードのような審査を受ける必要があります。収入と家賃との割合や過去の家賃未納歴などが審査基準にあげられます。また保証会社にはまず保証料を支払うこととなります。保証会社によっても、契約期間によっても異なりますが、家賃の30%から70%が保証料となることが多いです。