女性

美肌を目指す女性にオススメなシミ治療!【肌の悩みを改善】

  1. ホーム
  2. レーザーで全て解決しよう

レーザーで全て解決しよう

顔を触る人

レーザーは確実で安い

シミにはたくさんの種類があり、大きさや自然治癒の可否など様々な違いがありますが、どれも美容整形外科のレーザー治療ですぐに治すことが出来ることを知っておきましょう。シミの悩みで大きな割合を占めるのがそばかすです。そばかすは色素の薄い人に現れる症状で、顔全体に渡って小さく無数の変色が起こるので、非常に目立ちます。またそばかすは自己治療では治りにくいことも特徴ですが、Qスイッチレーザーというレーザーを用いれば一回の施術で消すことができます。Qスイッチレーザーとは、照射時間が非常に短く高品質なレーザーです。照射時間を短くすることで、レーザーは照射対象をより任意に選ぶことが出来、より肌の奥まで浸透することが出来ます。その結果Qスイッチレーザーは、正常な細胞を傷つけることなく、メラニンを多く含んだ細胞のみを殺すことが可能です。Qスイッチレーザーはメラニン色素の濃い細胞を殺し、直接シミを除去出来るので、どの種類の症状にも効果があります。最も一般的な老人性色素斑というシミや、イボ状になる脂漏性角化症もこのレーザーで一発で治療が完了します。Qスイッチレーザーは以上のように汎用性の高い方法ですが、治療の質を確保した上で安く施術を行ってほしい場合は別のレーザーを使用することもできます。脂漏性角化症に対する一番安いレーザーは、炭酸ガスレーザーです。炭酸ガスレーザーは、細胞をエネルギーによって殺すのではなく、患部を切り取ることでまるごと除去する方法で、局所麻酔を使用して行われます。そして脂漏性角化症はイボ状になるため、細胞を殺すレーザーよりも切り取るレーザーの方が効率が良く、綺麗に取り除くことが出来ます。また肝斑や炎症性色素沈着に対してはレーザートーニングが最も効果的で費用も安いです。というのも、肝斑や色素沈着に高出力のレーザーを当ててしまうと、その刺激により逆にそれらが悪化してしまうからです。それに対してレーザートーニングは、非常に弱いエネルギーのレーザーを放出することで、肝斑や色素沈着を悪化させることなく少しずつ色素を取り除き、治療が出来ます。まとめると、イボ状のシミである脂漏性角化症には炭酸ガスレーザーが最も安く、刺激を与えてはいけない肝斑や炎症性色素沈着にはレーザートーニングが一番適していて、その他のシミにはQスイッチレーザーが効果を発揮します。つまり美容整形外科でレーザー治療を頼めば、どんなシミでも最適な治療を受けられるということです。レーザー治療の魅力は確実性だけではありません。以上に挙げた3つのレーザーは、どれも施術は1回きりで済み、数週間のダウンタイムが過ぎれば顔は綺麗な肌に戻ります。自然治癒や自己治療が可能なシミでも、肌のターンオーバーやビタミンC誘導体の働きを待っていると数年かかってしまいますが、整形でのシミ治療の所要期間は長くて3週間です。更に手軽なことも魅力の一つです。美白を毎日続けることは中々に面倒ですが、レーザーによる施術なら1回だけ美容整形外科に行けば済みます。費用面で見ても、使い続ける化粧品よりも1回きりのレーザーの方が安上がりなことも多く、整形はメリットずくめです。