男性

初めて投資を試みるなら収益物件から始めよう

収益力を見極めよう

模型とお金

不動産投資をしようとしているのであれば、売却希望価格が妥当かどうかを判断できる能力を身に付けておく必要があります。一般的に、不動産投資情報サイトやチラシに掲載されている物件価格は売主の希望価格でしかありません。つまり、記載されている価格でなければ絶対に売らないというものではないのです。物件を購入する際には、不動産会社に買付申込書を提出します。これには買主の購入希望価格を書きます。この際に、いくらで書こうが買主の自由なのです。ただ、安く買えることに越したことはありませんが、希望価格があまりにも低すぎると売主から相手にしてもらえません。だからといって、売主の希望価格で買ってしまうと収益力が落ちてしまう可能性があります。このような時には収益還元法のうちの直接還元法を利用してみましょう。収益還元法とは、その物件が生み出す収益を基に物件価格を算出するというものです。直接還元法とは1年間の純利益を還元利回りで割ったものとなります。還元利回りは同等物件の平均利回りや自分が欲しい期待利回りにするとよいです。この計算によって算出された物件価格が売主の希望売却価格よりも高ければ、売主の希望売却価格は割安と言えます。不動産投資において、物件をいくらで買うかは、運用利回りに大きく影響します。そのため、慎重な判断が必要となります。収益還元法は不動産投資をするのであれば、覚えておくべき計算方法と言っても過言ではありません。